新型保守用車(軌道モーターカー)を導入いたしました。

2017年08月29日

 日頃よりニューシャトルをご利用下さいましてありがとうございます。

 この度、ニューシャトルでは新型保守用車(軌道モーターカー)を導入いたしました。

NewMC1.JPG

 写真:新型保守用車(軌道モーターカー)

 保守用車は、ニューシャトルの走行路や信号設備等の点検・修繕等に使用する業務用車両です。通常は、終電後の深夜時間帯に作業を行うため、お客様のお目にかかる機会は多くありませんが、ニューシャトルの安全運行を確保するために不可欠な車両です。この度、開業以来30年以上にわたり使用してきた旧型車両に代わり、新型保守用車を導入いたしました。

  NewMC2.JPG NewMC4.jpg OldMC.JPG

(左:クレーン展開時の様子  中央:営業用電車の救援併結訓練の様子  右:旧型保守用車【参考】)

 新型保守用車は、旧型に比べ大型の可動式クレーンを搭載しており、作業性が向上しました。また、営業用電車と接続できる救援カプラーを搭載しているため、故障した電車を牽引する際の安全性・作業効率も向上しています。

 当社では、この新型保守用車を使用し、安全・安定輸送の更なる強化に努めて参ります。